duneの目指している方向性の一つです。

600x567-2013013000039
かっこいいですよね!
キャプテンハーロック。

でもちょっと似ていないような。。(もちろんきっちり版権もので当時のものです)
duneはこういったスタイルのちょっと似ていない!?的なソフビフィギュアをみなさんに届けていきたいと思っております。

ソフビそんなところが一番の魅力だと思っているんです。
思い出が幾多の次元を経て形になって自分の手元にやってくる。

その紆余曲折の中で施されたリセット感こそが
少年の自分ともう一度会話できる機会にめぐまれると。
それが原作にもう一度触れる楽しさ。
忘れた夢。
それが創造性を高めていたこと。
そう思っています。

duneのスパビは現代のソフビといったこともあって、
似ていないよりは似ているにウェイトをとっています。
ですがそんな中にもこのハーロックのような一生懸命なのにどこか似ていないを取り入れていきたいと思っております。